着せかえやダンスアレンジも楽しめるリズムアクション、AR機能も実装!『メモリーズ・オブ・リンク』

「メモリーズ・オブ・リンク」とは

 

メモリンこと「メモリーズ・オブ・リンク」は豊富な楽曲とハイクオリティなダンスが魅力のリズムアクションゲーム

 

リズムアクションのみならず、「着せ替え要素」が多彩でキャラのコーディネートを存分に楽しめる。育成要素も充実していて、キャラを育ていくことでゲーム内で遊べる要素も増えていく。

 

滑らかに動くダンスアクション

 

嵐やSMAP、PUFFY、乃木坂46など、数々の有名アーティストの楽曲の振付を担当した「南流石」氏が起用されている

リアルを忠実に再現されている美少女たちのダンスのモーションは必見!そして好きなようにキャラをキセカエしまくれるのがたまらない!

 

ハイクオリティーな演出の数々

 

フルボイスが実装されたストーリーヌルヌルと動くダンス。キセカエ要素が多彩なので自分なりにキャラをコーディネートできる。どれをとってもクオリティーが高い

 

「残酷な天使のテーゼ」「恋愛サーキュレーション」など人気曲のカバーも収録。日本のユーザーの好みをしっかりと把握していると感心してしまうような選曲だ。

 

RPGのような育成、アイテム収集を楽しむ

 

音ゲーとしての操作性は王道の流れるノーツを叩いていくタイプで、本作オリジナルの演出などは存在しない。若干判定が厳しめなのでリズムアクションをプレイするときは楽曲に集中しよう。

 

どちらかというと歌姫とのコミュニケーションや育成を楽しんでいくRPG要素が強い感じだ。

 

ゲームの流れ

 

かつて、人々とともに音楽と踊りを愛した女神がいた。

彼女の願いは「音楽と踊り、その一瞬の輝きを永久にとどめること」

しかし 彼女によって生み出された、音楽の理想郷 ≪奏天郷≫ は力を失い、霧へ失われようとしていた。

奏天郷を再生できるのは、「奏での心」を持ち、運命をつなぐ者、「リンカー」だけ。記憶を失った歌姫たちの記憶と奏天郷の輝きを取り戻していく。

なんか世界観はRPGっぽいがゲームは基本的にはダンスしまくる。楽曲はポップなかんじだ。

 

とにかく3Dで動きまくるダンスが美しい。TVアニメ以上にグリグリ動くし、表情も豊かだ。

なんとダンスを自由にカスタマイズする事もできる。それにしても振り付け担当の南流石氏がいかにすごいかが実感できる。

 

ダンスの結果ガチャのアイテムによってキャラたちを育成することが出来る。

また、歌姫にプレゼントを渡すことにより好感度を上げていくと、新しいストーリーやボイスが開放されていく。

日本のアニメっぽい背景やキャラ。演出の美麗さがとにかくすごい。

 

遊ぶスマホのスペックに応じて画質やエフェクトをオン・オフするとゲームをストレスなく楽しむことができるだろう。iPhone 7でも最高画質で遊ぶことは出来た。しかし、AR機能は使うとアプリが落ちてしまった。スペックの高いスマホであれば、AR機能で着せ替えた歌姫たちを現実世界を舞台に躍らせることができるぞ

(AR機能は2020年1月現在、iOSのみ実装)

ちょっとしたコツ

 

メインクエストを進めていくと、新しいシステムが開放されていく。まずは各種ミッションをクリアしていくことで報酬を貰いつつ、いろんな曲をプレイしてみよう。

リズムアクションはオーソドックスな流れてくるノーツを処理するタイプなので、まずは数をこなしてノーツの種類や動きを覚えるようにしよう。

 

ガチャについて

 

本作ではキャラガチャがなく、ガチャは「衣装ガチャ」「舞姫ガチャ」の2種類だ舞姫(装備)はリンカーLV10になれば使うことが出来る。スコアが伸びるのは舞姫、楽しいのは衣装。これは悩みどころだ。

初回ガチャではSSRの排出率が低いので出たら大当たりといったかんじである。幸い、データは初回ガチャを引いてからダウンロードされるので、マラソンすることも可能である。

 

おすすめの記事